ホリデイ・トレッキング・クラブ
メンバー紹介

□既存住宅診断(ホームインスペクション)

中古一戸建て住宅の購入前に第三者が行う住宅診断(ホームインスペクション)サービスです。建物の劣化具合や新築時の施工ミスなどをチェックし、診断結果を中古住宅の購入判断などに役立てて頂くことができます。

□既存住宅診断(ホームインスペクション)のメリット

  • 一般消費者に代わって、専門家の視点で診断してくれる。
  • 入居後の想定外の補修費用の発生を可能な限り抑えられる。
  • その中古一戸建て住宅のメリット・デメリットを知った上で購入判断できる。
  • リフォーム(補修)すべき箇所がわかる。
  • 希望のリフォームが可能かわかる。

□既存住宅状況調査

 平成30年4月に施行される改正宅建業法を受けまして
「既存住宅状況調査」(通称:宅建業法インスペクション)に対応できます。

□既存住宅診断(ホーム・宅建業法インスペクション)の診断範囲
[屋外部分]

  • 基礎、外壁、軒裏、雨樋、バルコニーが調査対象となります。
  • 屋根へは上らないため、屋根については地上やバルコニーから目視できる範囲における確認となります。
  • 建物外部の調査範囲は、地上・バルコニーから目視確認できる範囲が対象です(足場や梯子を使用致しません)。

[屋内部分]

  • 各スペース(居室・リビング・洗面室等の全て)の床・壁・天井・建具、床下、屋根裏が調査対象となります。
  • 基本サービスでは、床下及び屋根裏は点検口からのぞいて目視できる範囲が対象です(点検口が無い場合は対象外)。床下、屋根裏の内部へ進入調査をご希望の場合はオプションをご利用ください。
  • 家具・電化製品・その他荷物等がある場合、弊社で移動させませんので、診断時の現状のままで確認できる範囲が対象となります。

[設備]

  • 診断時に水道・電気が使用できる場合、確認可能な範囲で設備も調査対象となります。使用できない場合、その関連項目は対象外となります。
  • ガス設備は調査対象外です。


※上記範囲でも診断時に確認できない箇所は対象外となります。
※上記範囲でも診断時に撤去済または未完成の箇所は対象外となります。
※細かな傷・汚れは調査の対象外となります。
※売主又は居住者等が確認を拒否する箇所がある場合、その箇所は対象外となります。

□料金のご案内

基本診断料金 ¥5,4000(税込) 200㎡超え戸建住宅ついては、
追加費用¥21,600(税込)が発生します。
 
オプション料金

  1. 床下進入調査  追加料金¥10,800(税込)
  2. 小屋裏侵入調査 追加料金¥10,800(税込)