ホリデイ・トレッキング・クラブ
クラブについて
 

なぜ耐震診断が必要なのか?

 これまで、建築基準法は大きな地震が発生し被害が生じるたびに見直されてきました。しかし、現在の木造の建築物の半数程度が当時の基準(昭和56年以前の旧耐震基準)で建築されています。そのため現在の基準(新耐震基準)に合致していないことが多いのです。そこで旧耐震基準で建てた住宅を現在の基準に照らし合わせ、その耐震性を評価し、必要な補修を見極めるための診断が耐震診断です。耐震診断を行うことで、適切な耐震改修をすることが可能となります。

□耐震診断の種類

耐震診断方法
耐震をする人 診断の精度

地震保険料率の割引

誰でもわかる我が家の耐震診断

 一般の方 低い   無

 一般診断

建築士・建築関係者   高い  有

精密診断 

建築士  非常に高い  有

 

□誰にでもできる耐震診断

「誰にでもできるわが家の耐震診断」(国土交通省住宅局建築指導課監修、一般財団日本建築防災協会発行)は一般の方向に作られた。Q&Aによる問診タイプの診断です。
住んでいる方がご自身で住宅診断を行い、住宅のどのようなところに地震対する強さ・弱さのポイントあるかなどわかるようになっています。さらに、耐震性の向上を図るためにの耐震改修に向けて、より専門的な診断をを行う際の参考が示されています。
自宅の耐震性の確認の第一歩として、ぜひ一度行ってもらいたい自己診断です。
ただし、どんな結果についても、最終的には専門家に相談することとなっており、専門家による制度の高い耐震診断を受けることをお勧めします。

□専門家による診断「木造住宅の耐震診断と補強方法」

専門家がおこなう耐震診断は、『一般診断』と『精密診断法』の二種類があります。2012年改訂版『木造住宅の診断方法と補強方法』で詳細が規定されています。国が推進されている耐震診断制度や補強工事補助制度は、これらの診断法の判定結果に基づいて実地されています。これらの耐震診断は指定講習受けた認定の建築士によって行われます。

□耐震診断から耐震改修・補強工事までの流れ
・現地調査

建物の現在の状態を調査します。外部からの調査のほか、屋根裏、1F天井裏、床下を調査します。家の耐力に関わる要素のほか、劣化部分や基礎・地盤等の調査も行います。

・コンピュータによる診断計算

一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」取得プログラムにより、信頼性の高い診断計算を行います。

・報告書・補強案

診断結果について報告書を作成します。補強が必要と判断される場合には、補強計画の作成も行います。
※国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」(一般財団法人日本建築防災協会発行)に準拠した調査を行い、精密診断法1(保有耐力診断法)にて評価します。

※診断計算書と補強計画書の作成については、一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」取得したプログラムホームズ君「耐震診断Pro」を使用して行います。
※お住まいの地域の自治体が行う耐震診断・耐震改修費用の助成申請にも対応します。


3.耐震リフォームのプロセス
・補強計画・見積りの作成

耐震診断結果に基づき、補強箇所の検討を行います。
筋交いや構造用合板を用いた一般的な工法と、新しい専門工法を適材適所で活用し、費用・工事期間等お客様の負担を可能な限り少なくする方法を提案します。
(主な補強方法は一般財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づく方法で行います。)

・工事監理

工事中は、補強工事を行う各部分について、工事前・解体時・補強後のチェックを行い、補強計画の通りに正確に工事されたかを確認し、写真と文章により記録を残します。

・工事監理報告書

工事終了後、監理報告書を作成します。

□料金のご案内

耐震診断 ¥86,400(税込)
オプション料金
耐震基準適合証明書発行 ¥54,000(税込)